出張ヨガ&プライベートヨガレッスン

先週日曜日、TOKAIホールディングスのグループ会社運営する介護付き有料老人ホーム「リフレア上土」へ出張ヨガ。

 

かれこれリフレアでの出張ヨガは5年目に。

こちらは地元住民の健康維持・促進のためき行われています。

ヨガする=体操するだけと思われる参加者さんへ、まずは無意識な呼吸から意識的なコントロールされた呼吸を誘導します。

 

腹式呼吸は、肺の下部にある横隔膜を適切に動かすことでお腹が押し出されたりへこんだりします。お腹を動かすことが腹式呼吸ではなく横隔膜を動かすことでお腹が動くことを、感じていただくために丁寧にじっくり行いました。

出張ヨガの帰りに参加者さんから、「以前、動悸がひどく病院にいったら薬は出なくお医者さんが1日に何度か深呼吸をしてと言われただけで、自分では上手くできなかったけど、なんか今日はコツがわかった気がするよ。」と一言がありました。

 

腹式呼吸は、副交感神経を優位にしてストレスを軽減させるとか、内臓をマッサージして内臓の働きを良くするなどたくさんの効果が言われていますが、実際に腹式呼吸ができているかは本人次第。

 

意識を横隔膜に向け呼吸をすること。腹式呼吸はここが始まり。来月も楽しみです。

午後は、プライベートヨガ。

医療従事者の生徒さんは、アサナに続いてプラナヤマ(呼吸法)を丁寧に行いました。

リズムよく深くゆっくりした呼吸は穏やかで満たされたマインドの状態をつくります。またその逆もしかり。

日々を忙しい生活が続く生徒さんには、週末をどう過ごすかがキーポイント。

自らを満たし丁寧に暮らす生徒さんは、患者さんにも同じように対応されている姿が目に浮かびます。

 

ヨガの輪が広がっていることを感じた週末でした。

 

 

関連記事

PAGE TOP