毎日を大切に生きる♯3 知識を更新する

子供の頃のままの好奇心を大人になっても持ち続けることは難しい。というのも、大人になると今までの経験に基づいて物事を判断できるようになり、新しいことを取り込む必要性が減るからです。

 

日々の生活にさほど問題がなければ、いつもと同じ方法、いつもと同じ考え方、いつもと同じルールに沿って無難に生きていく方が楽で安心。だから気づくと、私たちの生活は沢山の当たり前で満ちています。

 

けどそんなふうに無味乾燥な日々を送っていると、しだいに心は凝り固まってしまいます。

 

そんなときに有効なのが、自分の中に新しい知識を入れてあげることです。興味があることを自分で掘り下げてみたり、人から教わったり。

 

賢くなることが目的ではないので、あまり難しく考えずにまずは行動です。

 

私の場合は音楽やアート・デザインに興味があるので、好きなアーティストがどういう生い立ちで、どういう社会を生き、どういう価値観の中で作品が作られたのか、そういったストーリーを調べます。

 

ほんの一部でも、アーティストと価値観を共有したうえでもう一度観たり聴いたりしてみると、これまでに気づけなかったその人のこだわりや思想、魂みたいなものを感じることができ、また違った感動が味わえます。そして、自然と同じ流派、ジャンルのアーティストの作品に興味を持つようになり、次の行動が促されます。

 

新たな知識は驚きや発見を生み、日々に彩りをもたらしてくれます。毎日がいつもと同じパターンにならないように、新しいワクワク、ドキドキを意識的に自分の中に取り入れてみましょう。
 

関連記事

PAGE TOP