国際ヨガの日in静岡


去る6月10(日)静岡県ヨガ連盟主催のイベント「国際ヨガの日in静岡」にギュットインストラクターと有志の皆さんで参加しました。

※静岡県ヨガ連盟は、静岡県リクリーション協会のヨガ部門団体として認定されています

6月21日は国際ヨガの日。ヨガ発祥の地、インドモディ首相の提唱により、世界中でヨガを楽しみ、体・心・社会の健康を育む日として国連で採択されました。

この日にあわせて東京、愛知、大阪の三大都市圏を中心に各地で盛り上がりをみせている国際ヨガデーイベントを静岡でも定着させたいと立ち上げたのが、今回お誘いいただいた静岡の老舗ヨガスタジオ、フィジカルヨガ普及協会代表の田辺先生。(ヨガ歴30年以上)

過去3回に渡りイベントを運営された田辺代表のご尽力により、静岡でも徐々に国際ヨガデーの認知度が上がってきています。

ヨガに携わる者としてこのような活動に感謝するとともに、今後は微力ながら一緒にイベントを盛り上げていければと思っています。


会場は静岡市北部体育館。安倍川と賤機山の稜線に囲まれた自然溢れるとてもいい環境。


入口にフィジカルヨガ普及協会様、健精楽せらヨガ様、ギュットの受付ブースを設置。


ヨガルームさんにご協力いただき、入場者に配布。8×4試供品300本提供していただきました。


午前中のプログラムは、田辺先生によるナディ、尾崎先生によるアサナ修正法、午後は指ヨガ、視力向上ヨガ、食ヨガとバラエティーに富んだ内容。


お忙しい中、静岡県会議員「天野 一 先生」も見に来てくださいました。天野先生は静岡県ヨガ連盟発足を強く後押ししてくださいました。

かなり恐縮していたカズマ先生。ヨガの時よりもいっそう背筋がピンと伸びているのは気のせい?


静岡朝日テレビ様もイベント視察に来てくださいました。影響力のある方、団体にヨガを担いでいただけるよう、ヨガの良さを伝えていくのも私たちの使命。ヨガの普及と直結するので。


クラスが始まる前、エリ先生から「最後にもう一度練習したい」という申し出があり、カズマ先生と一緒に流れの確認。


エリ先生真面目!


準備をしなかがら出番待ち。

私の担当はプログラムの終盤、太陽礼拝とフローヨガ。イベント事はエンターテイメント性が要求されるので、私にしては珍しく運動量の多いプログラムにしてみました。


いよいよチームギュットの出番。ヨガが初めての方や習い始めた方も多かったと思うので、「ヨガとは何?」からご説明させていただき、ヨガをする上で大切な三つのポイントを意識してもらうように話をしました。


最初はちょっと難しい横隔膜を意識した呼吸法。ヨガが初めての方も多かったと思いますが、アサナを取る上で基本となるので、感覚を掴んでいただけるよう、しっかり時間をかけました。





ヨガに親しんでいただきたく、無理のないスタンダードなポーズをセレクト。



効かせどころに意識を向けながら、流れるようにポーズを取っていきました。


最後は体に巡ったプラーナをじっくり感じるシャバアサナ。


その後、呼吸に意識を向けた簡易的な瞑想。


会場はエネルギーに満ち溢れていました。


イベント終了後チームギュットで。カルマヨガで参加いただいたYさんとNさん、写真には写っていないけどMさん、そしてギュットインストラクターのみんな、協力してくれてありがとう!


最後にイベントを主催したギュットを含めた3団体の関係者全員で記念撮影。

ヨガを定期的にされている方はもちろん、習い始めた方や初めての方、大人から子供まで世代を超え、誰でも気軽にヨガを楽しめるイベントにしていきたいと思っております。

なぜなら一人ひとりの心身の健康が健全な社会につながるから。

次回もどうぞよろしくお願いします。

関連記事

PAGE TOP