レッスンレポート アシュタンガヨガ〜ハタヨガクラス

インドから帰国後、レッスンを再開して今日で4日目。長くスタジオを留守にしていたので少し心配していましたが、そんな心配とは裏腹にクラスは盛り上がっています。


カズマ先生によるアシュタンガヨガクラス(日曜10時〜)


翌日のヴィンヤサヨガクラス(月曜14時〜)


アシュタンガビギナークラスクラス(月曜19時〜)

中でもアシュタンガヨガクラスは、人気のクラスでこの日もキャンセル待ちが出るほど。ギュット指導者養成講座の卒業生も何人かいて、ヨガ哲学やインド思想とリンクしながらヨガしている方もいるので雰囲気いいですし、皆さん主体性を持ってヨガと向き合っています。

ヴィンヤサヨガ、アシュタンガビギナーは、どちらもしっかり体を動かしてリフレッシュしたい!というメンバーが集まってきます。これからヨガを始めてみようと思っている方にとってヨガの魅力を感じやすいスタイルです。


私が担当するハタヨガにも、生活にヨガが根付いているメンバーが来てくれました。


水曜のハタヨガクラス(10時〜)


木曜のハタヨガクラス(19時〜)

レッスンは瞑想的に行います。呼吸、動き、意識を一つにして深い集中状態の中ポーズを取り、自分の内側を見つめていきます。

日常生活を快適に過ごすための筋力や柔軟性を養うと同時に不調を未然に防ぐ効果もあります。そしてギュットが一番に重視していることは、内側の気づきです。自分の内側にある静けさ、穏やかさ、優しさ、幸福感などに気づいていくことが心の安定につながります。

多くの人がヨガを始める理由に健康をあげますが、そういう観点からしても、私たち一人一人が持っている本質に気づくことが一番の健康法なんです。

関連記事

  1. ジャンプバック
PAGE TOP