ねじり克服WS終了しました!


今年最初のワークショップは、捻りポーズにフォーカス。アシュタンガヨガ、ヴィンヤサヨガクラスのカズマ先生が担当してくれました。

 

以下、担当したカズマ先生のコメント


まず最初は呼吸の確認から。呼吸音や自分に合った骨盤の位置を確認して表面でする呼吸ではなく、カラダの内側を通る呼吸を意識してもらいました。

 

次にもう少しわかりやすく感じてもらうために仰向けになり、少し膝を立てて呼吸を感じてもらいました。

仰向けになった方が自分が反り腰になっていないかなど、わかりやすく感じてもらえます。


次は安楽座や正座の姿勢で肩まわりや簡単な捻りをペアワークをしながらおこないました。


捻りを自分で行うだけではなく、アジャストをされる側、アジャストする側、共に呼吸を合わせてカラダを動かす事で簡単なポーズですが、よりいっそう深くて気持ちの良い捻りが味わえたと思います。

 


中盤は下半身まわりを丁寧に緩めていきました。ここでは私が毎日おこなっているシークエンスをみなさんに体験していただきました。


そして仕上げはスーリアナマスカーラA、Bをおこない、最後は捻りのアサナにはいっていきました。

 

アサナでは
◯パリヴリッタ・トリコーナーサナ
◯パリヴリッタ・パールシュヴァコナーサナ
◯マリーチアーサナ
について説明&体験をしていきました。

新規の方もいらっしゃったので、初心者の方にも分かりやすく解説させていただきました。


各アサナ吸いながら意識するところ、吐きながら意識するところをガイドするとともに、カラダの内側の動きを時間をかけてじっくり感じていただきました。


今回のテーマは、心地よい捻りを体感していただくこと。呼吸するごとに捻りが深まり、その呼吸がポーズをキープしている時であっても気持ちよく行えていたでしょうか?


今後もポーズの上達につながるワークショップを企画していきたいと思っておりますので、次回も宜しくお願いします。

関連記事

PAGE TOP