おっさんずヨガポーズ

SBSラジオ「鉄崎幹人のWASABI」おっさんずヨガ

おっさんずヨガ「今週のヨガポーズ」

ヨガの名前:メルダンダアーサナ/Merudandasana

今週のヨガポーズは、体育座りの状態から両足を持ち上げるバランスのポーズです。
腹筋を鍛え、体幹を強くする代表的なヨガのポーズのひとつです。このポーズはお腹の内部を温め、内臓の働きを調節します。

また、交感神経と副交感神経の機能を整え背筋を強化し背骨を再調整します。寒暖の差が 激しい季節の変わり目に、自律神経のバランスを整える事は、健康な体づくりに繋がります。

ヨガの順番
1.両足を真っ直ぐに伸ばして座ります。

 

2.両膝を曲げ、両手で足の親指を持ちます。この時、腕は膝の外側から回し、両手で持ったつま先を床から離します。

 

3.ゆっくりと上半身を後ろへ傾け、尾てい骨でバランス をとります。息を吐き、肛門や下腹部を引き上げます。

 

 

4.息を吸いながら、両足と両腕をまっすぐ伸ばし持ち上 げます。身体を安定させ背骨をまっすぐに保ち、正面の固定点を見つめます。

 

5.息を吐きながら、両膝を曲げ足の裏をマットに下ろ します。

4.〜5.を3回行います。

 

6.息を吸いながら、両足と両腕をまっすぐ 伸ばし持ち上げます。身体を安定させ背骨をまっすぐに保ち正面の固定点を見つめます。(4.と同じ)

 

7.息を吐きながら、足をできるだけ大きく開きます。 無理はしないでください。完成のポジションです。

このまま3回呼吸をしてみましょう!

 

8.息を吸いながら、両足を閉じます。

 

9.息を吐きながら、両膝を曲げ足の裏をマットにおろし
両手を離します。

 

10.両手をお尻の後ろに置き、リラックスしましょう。

 

効果:ウエストを引き締め、便秘の解消、太ももの引き締め、腹部・背骨の強化、腎臓・腸の活性化、消化機能の改善、足の疲れを取り除く、バランス感覚の向上

禁忌:高血圧症、椎間板ヘルニア、仙骨の感染症、坐骨神経の方は行わないようにしましょう。

関連記事

  1. おっさんずヨガポーズ
PAGE TOP