SBSラジオ「鉄崎幹人のWASABI」おっさんずヨガ

 おっさんずヨガ『今週のヨガポーズ』

今週のおっさんずヨガのポーズはハラアサナ。
一日中パソコンに向かって前かがみになっていたり、車の運転で座りっぱなしで背中が丸くなっているおっさんずに最適なポーズです。

このポーズで凝り固まっていた首周辺や肩・背中を伸ばし、血液の流れを改善させ背中周りの疲労を回復していきましょう!

鉄崎幹人さんのポーズはコチラ

ヨガポーズ:ハラアサナ【鋤のポーズ】

ヨガポーズの順番

①仰向けに寝て、両脚をそろえて伸ばします。
両手はお尻の横で、手のひらは床にむけます。
パドタンナアサナはじめ

②息を吸いながら両脚を真っ直ぐ揃えたまま、天井方向へ持ち上げます。(この時に腹筋を使います)
パドタンナアサナ

③息を吐きながら、手のひらで床を押し下げ、お尻を持ち上げます。
ハラアサナ途中

その後、手のひらで腰をサポートしながら上体を床から持ち上げます。そして、脚を頭の上に持っていき、つま先を床に下ろします。
(無理につま先をつけないようにしてください)
ハラアサナ

④両腕を床に下ろし、手のひらを床に向けます。
(脚が床に降りない方は、背中を支えるために肘を曲げ手のひらを背中に置きます)
完成のポーズです。
ハラアサナ完成

この時にゆっくりと深く呼吸します。(初心者は15秒間ポーズを保ち、慣れてきたら数秒ずつ徐々に追加して1分間保てるようにしましょう)

⑤戻る時は、両脚を床から少し(30㎝位)持ち上げ、手のひらをハッキリ床に下ろし、手のひらでブレーキをかけるように背骨を1本ずつ床へ下ろし、続いて臀部おろし脚をスタートのポジションに戻します。
ハラアサナ戻り方

効果
・完成のポーズで起こる横隔膜の動きは、すべての内臓マッサージします。

便秘や消化不良解消。
腎臓や肝臓の機能改善。

・後頭部や首などの血流やエネルギーの流れを良くし、慢性的な肩、首、背中のコリをほぐします。

また顎で喉の奥を刺激し、甲状腺の活動を整え代謝を上げていきます。

鉄崎幹人さんのポーズはコチラ

関連記事

  1. クリシュナグルジWS
  2. ヨガ指導者養成講座
PAGE TOP