SBSラジオ「鉄崎幹人のWASABI」おっさんずヨガ

おっさんずヨガ「今週のヨガポーズ」

10日間のゴールデンウィークも過ぎてみるとあっと言う間。「仕事」という現実を目の当たりに し、気が重~いおっさんずも多いのではないでしょうか。

今日は、そんな憂鬱な気分を解消するポーズの紹介です。

人は「やる気がでない、気分が落ち込む」など憂鬱な気分の時や、「体がダルイ、疲れやすい」 など倦怠感がある時は、体が前かがみで下向きの浅い呼吸になりがち。

そこで、今日は胸を大き く開き、両手を上げ深呼吸するポーズで、気分も明るくリフレッシュしていきましょう。

ヨガのポーズ名:アンジャネアーサナ(三日月のポーズ)

ポーズの順番
①四つ這いになります。
アンジャネアーサナ

②右足を右手の内側に置きます。
反対の左足は、つま先を立てて膝を少し (5~8cmくらい)後ろに引き、足の甲を マットに下ろします。

この時、左膝だけに体重をかけずに、 左足の甲や脛もマットにはっきり(力強く)下ろします。

③上半身を起こします。
この時、前の右足の踵の上に膝に。 上半身は前かがみにならないように、お腹を背骨に引き寄せ、 腿の前側からお腹を離して上半身を真っ直ぐにします。

④③の姿勢で両腕は体の横でリラックス。
息を吐いて、前足と後ろ足で均一にバランスを取り土台を安定させます。

⑤息を吸いながら、両手を前から天井方向に持ち上げます。

⑥息を吐きながら、上半身をできる範囲で後ろに反らせます。
この時、胸を大きく広げます。保持したまま深呼吸2回。
※腰に痛みがある方は、⑤の姿勢でも十分効果あります)

⑦息を吸いながら、上半身をまっすぐに戻ます。

⑧を吐きながら、両手を右足のサイドに置き右足を後ろに引き四つ這いに戻ります。
アンジャネアーサナ

反対側も行いましょう。

【効果】
このポーズは、全身を大きく開くポーズでさま々な箇所を伸ばし保持するため筋力を鍛えることで きます。 股関節を開くことで鼠蹊部にあるリンパ節も刺激され、血液やリンパ液の流れを促進 し、 この季節にありがちな5月病の症状でもある「倦怠感の解消や疲労回復」効果が期待できま す。

関連記事

  1. おっさんずヨガポーズ
PAGE TOP