SBSラジオ「鉄崎幹人のWASABI」おっさんずヨガ

おっさんずヨガ「今週のヨガポーズ」

今週はヨガ初心者のおっさんずにも簡単にできる「体の側面を伸ばすポーズ」の紹介です。 連休明けの溜まった仕事に追われ、昼と夜の温度差に左右された体は、気づかぬうちに疲れやストレスも溜まりがち。ヨガのポーズで朝起きた瞬間からスッキリ目覚める体を作りましょう!

今日の体側を伸ばすポーズで、普段の生活では伸ばすことがない脇の下の筋肉を動かし、浅くなりがちな呼吸を深い呼吸へ導きます。深い呼吸は、良質な睡眠にも繋がります。

ポーズ名:ウッティタ・パールシュヴァコナーサナ(体側を伸ばすポーズ)ビギナー編

ポーズの順番
1,両足を1m程、大きく開きます。
(足の開きが狭いとポーズの効き目がわかりにくいです)

2,右脚のつま先を外側(右壁)に向け、両手を肩の高さで左右に大きく広げます。

3,息を吐きながら、右膝を曲げます。
この時骨盤は正面を向き、右膝は踵の上にくるように曲げます。(膝を直角に曲げる)

4,息を吸いながら、上半身を右に倒し右肘を曲げ右膝の上に乗せます。

5,息を吐きながら、左手を斜め上(頭の向こう側)にまっすぐ伸ばします。
この時、左腕、左脚、背骨が一直線に引き延ばされている 感覚を心地よく味わいましょう。

3回深呼吸。

☆☆☆☆チェック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・上に伸ばした手から伸ばした足までの体側が一直線になっているか
・骨盤はひねらない ・膝が足首より前に出ず直角になっているか
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

6,息を吸いながら上半身を起こし、息を吐きながら両手を下ろします。

反対側も行いましょう。

効果
このポーズは、腰やウエスト周りの筋肉を伸ばすので内臓の働きを活性化させます。お腹 をスッキリとさせ、便秘解消にも効果が期待できます。また体幹・足腰を鍛えます。

関連記事

PAGE TOP