おっさんずヨガポーズ

SBSラジオ「鉄崎幹人のWASABI」おっさんずヨガ

おっさんずヨガ「今週のヨガポーズ」

今週は、立位の前屈ポーズです。
「ヨガやったことある?」と聞くと、「やったことあるけど、全然硬くてできなかった」 と一緒にするジェスチャーで、前屈する姿を見た事はありませんか?
苦手意識が高い前屈も、頭を下げることで首や肩、背中にかかる緊張から解放され、周りの血行を促進します。肩の緊張が抜けない方にオススメです。

また、最近お腹周りが気になるおっさんずも、腹筋を使うことで過剰な体重を取り除くの にも効果的です。

鉄崎さんのポーズは、コチラ

ヨガのポーズ名:パダハスターサナ

ヨガの順番
1.両足を揃え、背骨をまっすぐにし、 手は体の横にして立ちます。

2.息を吸いながら、両手を頭上に持ち上げます。
この時、肩をすくめないように両脇を伸ばします。

3.吐きながら、背骨をまっすぐのまま 股関節からゆっくりと前屈します。

4.両手のひらを両足の外側に置きます。

両手のひらが下までつかない方は、両膝を曲げてお腹と太も もの前側がぴったりとくっつくように前屈します。 (股関節でピンポン玉を挟んでいるイメージ)

5顎を引いて頭頂部を床に向けます。 顔を膝に近づけ、首や肩をリラックスします。 背中全体は、背骨や筋肉がないとイメージしリラックスさせ ます。 (膝曲がったままの方も、そのままで背中や肩・首の力を抜いてリラックスします)

6.5のポーズができたら、深い呼吸を3回で保持します。 息を吐く時に、お腹を凹ませます。
※前屈は体の筋肉を伸ばしていくポーズなので、息を吐く時に「お腹の筋肉」と「腿の前側の筋肉」を収縮させることで、「腿の裏側、お尻、腰」を伸ばしていきます。

7.息を吸いながらら 両手と上半身を持ち上げます。

効果:消化器官をマッサージしガスが溜まっている症状や便秘など消化不良を軽減します。
背中の神経は刺激され整えられます。
胴体を逆さまにすることにより、生命力を増大させ、代謝や集中力を改善し鼻や喉の病気に効果的です。また過剰な体重を取り除くのにも効果的です。

禁忌:重症な背中の不調や坐骨神経痛、心臓疾患、高血圧や腹部のヘルニアの方は行わないようにしてください。

関連記事

  1. ヨガスタジオギュット8周年キャンペーン
  2. おっさんずヨガポーズ
PAGE TOP