ヨガとは?

呼吸で心をコントロールし、感情に振り回されることなく、様々な病気の原因とされているストレスをリリース

心身の健康法として、今や世界中の人々に親しまれているヨガ。
ヨガをしてから肩こり・腰痛・頭痛が緩和された、不安やイライラがなくなった、ダイエット効果もあって美しいプロポーションを手に入れることができたなど、ヨガがもたらす効果は数多くあります。しかし、それらはヨガを行う上で得られる副産物に過ぎません。
では一体ヨガとは何なのか?まずは語源と歴史からその『本質』を探っていきましょう。

ヨガの語源

ヨガの語源はユジュ。「牛や馬に軛(くびき)をかける」という意味のサンスクリット語です。
軛とは、牛馬と荷台を「結合」する横木のこと。 絶えず激しく動き回る牛馬を私たち人間の心に喩え、その暴れまわる心に軛をかけるかのごとく、心を一点に結びつけて集中させる。
これがヨガ本来の意味です。

ヨガの歴史

ヨガの起源は約4500年前。体と心を結びつけ精神を安定させる修行法としてインドで誕生しました。
その後、西暦200年頃にインドの哲学者パタンジャリによって編纂された最も古いヨガの経典「ヨガ・スートラ」で8段階の具体的なヨガの実践方法が記され、ヨガは「心の動きを抑止すること」と定義づけられました。
※ヨガ・スートラ:多くの指導者からヨガのバイブルと称されている

そして西暦1300年頃、それまでヨガの中心であった瞑想と座法に加え、アサナ(ポーズ)と呼吸法(プラーナヤーマ)で構成されたハタヨガが大成し、教典「ハタヨガ・プラディーピカ」によって体系化されました。
ポーズと呼吸法と合わせ、意識と身体を一体化させるという、現在世界的に広がっているヨガの原型と言われています。

ハタヨガの誕生から現在に至るまで、様々なヨガスタイルが派生し、約4500年前の発祥から絶えることなく、心と身体を整え健康で幸せな生活を送るためのツールとして、現代にも脈々と受け継がれています。

ヨガの目的

前述のヨガの歴史でも紹介しましたが、現存する最古の教本『ヨガ・スートラ』では「ヨガとは、心の動きを抑止することである」と記されています。昔のインドの賢者たちは、心の乱れが引き起こす心の波を問題視していました。
それらを整えるためにはどうしたら良いのか?と考えた末にヨガ(アサナ、呼吸法、 瞑想)が行われるようになりました。
ヨガ・スートラにも書かれているように、心をコントロールすることで、幸せに暮らすことができると考えられたからです。

私たちの心の動きは外部から何等かの刺激を受けた時にザワザワと波立ちます。
(怒り・悲しみ・不安、苦しみ、暑い、寒いなど)

ヨガとは、自分自身の心の動きを観察し、常に揺れ動く心の動きに支配されることなく、心と身体を一つに結びつけ、心の波を鎮めることです。

呼吸と心のつながり

呼吸とマインドは密接に関係しています。緊張や怒りを感じている時の呼吸は、早くて浅くなり、リラックスしている時はゆっくりと深くなります。
ヨガでは、この関係に着目して、意識的に呼吸をコントロールすることで心をコントロールし、常に揺れ動く私たちの心を制御していきます。

ヨガがもたらす体への効果

いろんなポーズをバランスよく取ることで、柔軟性が増し、丈夫でしなやかな体をつくります。同時に筋力がアップされ、身体の歪みも整えられることから、美しい姿勢を保つことができます。
体幹と呼ばれる深部の筋肉群が鍛えられる為、筋緊張や筋力低下による肩こりや腰痛、関節痛などの不調を改善します。

また、筋肉の伸縮と深い呼吸によって代謝が上がり血液の循環をスムーズにするヨガは、冷え、むくみの改善効果があります。
また、ホルモンバランスが整えられるので、生理痛、不妊、更年期障害などの改善にもつながります。

ヨガがもたらす心への効果

意識的に呼吸を整え、自律神経に働きかけることで不安やイライラが収まり、ストレスが低減されリラックスします。
自己の執着や欲求、苦しさ、悲しみといった感情を客観的に捉えることができ、感情の乱れに動かされなくなります。
また、自分という唯一無二の価値観を理解できるようになり、どこまでも純粋に自分らしい人生を送れるようになります。

ヨガスタジオギュットでは

心と体を整えるツールとして、体の使い方を体現したアーサナ(ポーズ)、生命力や活力の能力をあげるプラナヤマ(呼吸法)、心に働きかけるメディテーション(瞑想法)を取り入れ、総合的にヨガをお伝えしています。

PAGE TOP