ヨガ指導者養成講座80時間ダイジェスト

先月からスタートしたギュット指導者養成講座。早いものでカリキュラムの半分を終えました。


ヨガとは何か?ヨガする目的とは?の説明からスタートした指導者養成講座。これはヨガを深く学んでいく上で、是非、理解していただきたい価値観。

なぜならここが理解できていないと、ヨガのポーズさえ取っていればなんでもアリのクラスを行う指導者になってしまうから。


ヨガの歴史や哲学はもちろん、ヨガ的食事法や指導者としての心得まで、一般の80時間の講座にしては充実した内容。


アーサナ(ヨガポーズ)以外のヨガのテクニックも学びました。写真はシャットカルマという浄化法の一つジャラネティ(鼻腔洗浄)


アーサナはパワンムクターサナを中心に基本的なポーズを丁寧に。解剖学的、セラピー的視点も交えて学びました。


ヨガ解剖学は可視化して分かりやすく。

一般的なヨガ指導者養成講座とは違い、ギュットはポーズを教える先生ではなく、ちゃんとヨガの先生を育成することをコンセプトにしています。

そのため、普通ではさらっと流し気味で進めてしまう項目、例えば哲学やアーサナ以外のテクニックまでしっかりと時間をかけます。

特に『心の在り方』を学ぶヨガ哲学は、ヨガの指導者になってもならなくても受講者の生き方に関わってくる人生の道しるべになるので、最も重視しています。

このギュットイズムは、もちろん日々のレギュラーレッスンにも反映されておりますので、是非、体験レッスンにて体感してみてください。

体験レッスンについてはコチラ

関連記事

  1. 産後ヨガ01
  2. キャンドル、ヨガニドラ
PAGE TOP