本場インドのヨガを静岡で!ヨガリトリートinつま恋

本場インドのヨガを静岡で!ヨガリトリートin つま恋


ヨガの聖地と呼ばれ世界中から多くのヨギーやヨギーニが訪れる町、インド・リシケシ。リシケシには大小様々なアシュラム(ヨガ道場)が点在し、毎日のようにヨガレッスンが行われています。


そのリシケシの中で最も有名なアシュラムの一つがヨガニケタン。


今回日本にお呼びするビマール先生は、このヨガニケタンにおいて長年に渡り講師を務められており、世界各国の受講者から高い評価を受けています。
その足跡が認められ、自ら立ち上げたヨガスクールのティーチャーズトレーニングコースでは、ヨガニケタンのお墨付きをもらっています。(アシュラムからの信頼も厚い!)

私も渡印の際はヨガニケタンに滞在し、必ずビマール先生のレギュラーレッスンに参加。加えて予め予定を組んでいただき、プライベートレッスンもお願いしています。
先月、ギュット初となるインドツアーでもアサナや呼吸法、マントラチャンティングの特別レッスンをしていただきました。

そこで今回、私がビマール先生のレッスンで感じてきた数々の感動や驚きを日本の皆さんにも体感していただきたく、今回のワークショップを企画しました。

私なりにレッスンの感想を下記にまとめてみたので参考にしてください

■自分の信念に従って指導している
■アサナ・呼吸法・瞑想・マントラなど、あらゆるヨガのテクニックや哲学をマスターしている
■比類なき観察力を持って生徒の可能性を引き出している
■通り一遍ではなく、骨格のつくりや筋肉のつき方など、個人差を加味したうえで的確なポーズの指導ができる
■体を使って(ポーズ)心や意識など体の内側に存在する微細なエネルギーに働きかける指導ができる
■「今という瞬間」に意識をむけさせるテクニックに優れている為、動きの少ないポーズでもエネルギーの滞りが解放され循環する
■感じる力が高まる
■クラスの後は、これまでに使えていなかった体の部位や筋肉が目覚めたように体全体がスッキリする

このような質の高いレッスンは、子供の頃から現在に至るまで古典的なヨガを学び、アシュラムという厳しい環境で自分を律し、執着から離れ、尚且つ毎日のプラクティスがあってはじめて育まれるもの。

是非、皆さんにも本場インドのヨガを体感し、ヨガの真髄に触れていただきたいと思います。
その結果、皆さんにとって、より一層ヨガを深めるきっかけになれば嬉しいです。

本場インドのヨガを静岡で!ヨガリトリートinつま恋

◉開催日程:2018.6.16(土)〜6.17(日) 1泊2日
◉開催地:つま恋 リゾート彩の郷  静岡県掛川市満水2000
◉参加代金:29,000円(宿泊費、1泊目夕食、二泊目朝食、全てのヨガ参加費)
・相部屋となります。1人部屋希望の方はご連絡ください。施設の都合上、賜れない場合もございます。
☆早割5/6までに申し込みの方 27,000円
※代金に含まれないもの
・交通費(掛川駅からは無料シャトルバスあり)
・昼食代
・保険代
・その他アクティビティ費用

スケジュール

【1日目】
13:15 集合
13:30〜16:00 ヨガワークショップ(詳細は後日)
16:00〜 チェックイン、フリータイム
18:00〜夕食
19:30〜 フリータイム
21:00〜21:30 瞑想

【2日目】
6:00〜8:15 瞑想、モーニングヨガ
8:30〜 朝食
10:00 チェックアウト
10:15〜サイレントウォーク(園内散策)
11:00 解散

ご予約は、コチラ

■□講師紹介■□

リシケシにあるヨガニケタンアシュラムで最も好評のヨガ教師の一人、Vimalは何千人もの学生にヨガと瞑想を教えています。Vimalは英語、ヒンディー語、サンスクリット語に堪能で、先進的なアサナ・プラナヤマ・瞑想・ヴェーダの詠唱を専門としています。また、プージャとマントラの詠唱を行う専門家(ヒンズー教の司祭)です。

13歳でリシケシに来てヨガと精神を学びました。彼は2004年から2014年まで10年間、パラマース二ケタンアシュラムでヨガとスピリチュアリティを学び実践しました。その間、彼は偉大な師匠の指導の下、サンスクリット文学のアシュラムからBA卒業を修了しました。
ハリドワールのウッタラカンドサンスクリット大学からヨガの科学の修士号を取得しています。彼の修士2年の間、彼はアーユルヴェーダ、パンチャカルマ、指圧、自然療法を学び、ヨガの哲学とハタヨガに特に関心を持っています。

ご予約は、コチラ

関連記事

PAGE TOP