ギュット指導者養成講座スタート!


指導者養成講座が始まりました。

 

ヨガの先生になりたい方、仕事のパフォーマンスを上げたい方、人生に生かしたい方、受講理由は様々ですが、ヨガの技術や知恵を学び深めようとする意思は皆さん同じです。

 

冒頭のイントロダクションでは、「ヨガとは?」の説明や今回のヨガの学びによって「どう心のあり方を築いていくのか?」「今後どう生きるか?」その道しるべとなるように、養成講座を通じて実践と体験を通じて生きた知恵にしていこう、そんな話をさせていただきました。

 

続いてインドの歴史、宗教学、ヨガの系譜などを学びました。その道を極めるには、まずは歴史を知ることからです。

 

系譜では今回の真の目的、次世代にヨガを伝えて行って欲しいという話をしました。

 

今、私たちがヨガの素晴らしさを知ることができるのも、何千、何万の先人たちによって途切れることなく伝え受け継いできてくれたお陰。

 

だからギュット養成講座の受講者には、インド発祥のヨガを脚色(ここ大事!)することなく、次の世代に伝えていっていただきたいです。

 

写真ははじめの祈り(マントラ)の様子。古来からのテクニックをしっかり学びます。

 

座学の後は、初級ポーズの練習。

 

基本中の基本ポーズを要点を確認。

 

実践しながら細部まで細かな動きをチェックしました。

 

最後は確認の意味でこの日学んだことをグループディスカッション。

 

10:00〜17:30まで、初日からみっちりやりました。
 
次回までの宿題は…
◼️私とはなにか?(レポート提出)
◼️マントラを毎日21回唱える
◼️参考図書を読む(指定した範囲)
以上です。

 

この他、養成講座期間中は基本的に肉や魚を食べることは禁止です。なるべく植物性食品を摂るようにしていただきます。

 

あとアルコールやタバコも禁止です。

 

お伝えしたとき、皆さん驚かれていました。会社等の付き合いもあるので強制ではないですが、できる限り守って欲しい。

 

ギュットの養成講座は厳しいです。だからこそ終わった後の達成感も違う。

 

私たちは食べるものからできていて、食物の微細なエネルギーからつくられています。純粋な食べものは心と体を純粋にします。

 

この状態でヨガをして、5ヶ月という養成講座期間中にどう変わっていくか、体験して感じて欲しいです。

 

とにかく純粋に、より繊細に。期間中はインターネットなどの刺激を避け、ちょっとだけ社会と距離を置いて生活してみるのもいいですよ。

 

最後に、この日アシスタントとして入ってくれたエリ先生に感謝。向上しようとする姿勢に頭が下がります。

 

エリ先生ありがとう!
 

関連記事

PAGE TOP